財団紹介

理事長挨拶

理事長 豊田章一郎 挨拶

理事長 豊田章一郎

公益財団法人豊田理化学研究所は、「学術及び産業の進歩発展に資するため、理化学の研究及びその応用を図ること」を目的として、昭和15年9月、東京芝浦に設立されました。

財団の設立者は、昭和12年にトヨタ自動車工業を創業した豊田喜一郎です。

喜一郎は、財団の設立趣意書・運営方針のなかで、

  • 着々基礎を確立するに努め度し
  • 研究題目を限定せず自由研究とし度し
  • 閑却され勝ちの学理も重視し度し
  • 根本的原理の探求を主とし、その成果として、生産的に有利なものは工業化を図り、学理的発達を助長するものはこれを進め、以って社会国家に貢献する

と謳っています。

昭和15年、高い理想を掲げ、30名余の職員を持って設立された研究所は、豊田佐吉の思いを具現した電池の研究を始め、無線方向探知機の実用化、強誘電体ロッシェル塩を利用する圧電素子の開発等32分野の研究が活発に推進され、昭和18年には総員69名に達しました。

しかし、不幸にして、創立の翌年には日本自体が欧米との全面戦争に突入し、5年後には終戦を迎えてしまいました。

戦後の経済的混乱の中、豊田理研は文部省が指定する研究財団法人として国の助成を受け、更に豊田関係会社の継続的支援により、研究所の規模を大幅に縮小した上でのことながら、研究を続けて参りました。その間にあって、昭和32年には、半導体歪計の実用化に成功しております。

昭和36年、新しい発展をめざして、研究所を東京から名古屋の豊田中央研究所内に移し、少ない資金を効率的に運用して、学術及び産業の振興に寄与出来る道を模索して参りました。昭和38年に研究嘱託制度を新設し、昭和49年には刈谷少年発明クラブを発足させております。これら事業は今日まで、研究者、あるいは青少年の育成・支援に微力ながら貢献できているものと確信しております。

その後、創業の基本精神をさらに強力に推進するため、平成16年、大学等の研究機関で研鑽を積んだシニア研究員を「豊田理研フェロー」として採用し、自らが研究を推進する制度を発足させました。現在は、研究助成「豊田理研スカラー」「特定課題研究」と共に、この「豊田理研フェロー」制度を豊田理研の基幹的事業と位置付けております。

当財団も、公益法人改革三法の施行により、平成23年4月1日をもって「公益財団法人豊田理化学研究所」に移行しました。これを節目として、今一度当財団設立の原点を見つめ、その趣旨遂行に最善を尽くし、科学技術の独自の発展に寄与してまいりたいと思っております。今後とも、変わらぬご指導、ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。