財団紹介

財団概要

公益財団法人豊田理化学研究所は、豊田佐吉の長男でトヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎により、昭和15年9月、東京都港区芝浦に設立された。設立の趣旨は我国独自の科学技術の振興開発を図り、学術・産業の発展に貢献することである。

この研究所では、ロッシェル塩、蓄電池、方向探知機をはじめ、幾多の研究を行い、一部は特許取得、製品製造に至った。しかし、終戦と共に始まった未曾有の経済的混乱により、独自の研究活動は縮小を余儀なくされた。

昭和36年、限られた財源の下で設立趣旨を効率的に実現するため、名古屋市の豊田中央研究所内に移転し、活動の主体を委嘱研究と研究者の育成に移した。

平成16年度からは、財団の当初の狙いである「専任研究員による研究」を行うために、フェロー制度を発足させた。 その後、公益法人改革三法の施行により、事業内容の一部を見直し、平成23年度より「公益財団法人豊田理化学研究所」に移行して現在に至っている。