客員フェロー情報

勤務形態、内容

(1)自宅あるいは自身の研究拠点での活動を基本とし、月に20〜30時間程度を当財団が 期待する研究、
 執筆活動などに充てていただきます。
 (客員フェローは非常勤です。当財団内に実験室や個室は用意しておりません)
(2)大学、他研究機関等に本務がある場合は兼業許可を取っていただき、そこで実施する 研究と
 客員フェローとしての研究内容を明確に区別していただきます。
(3)初年度に研究テーマ紹介、最終年度に研究成果をフェロー研究報告会で報告いただくと 共に、豊田研究報告に
 執筆して頂きます。
(4)毎年2回を目安に豊田理研にお越しいただき、フェロー/他研究機関研究者との 交流(フェロー研究報告会への
 参加、セミナー、ワークショップ等の開催)等を、積極的に行 なっていただきます。