事業紹介

  • 事業一覧

研究事業   豊田理研フェロー 

大学、国公立研究所、企業を定年退職した方で、基礎科学・基礎工学分野で顕著な業績をあげた研究者を 「豊田理化学研究所フェロー」として採用し、"研究財団"としての研究活動を展開している。


2017年4月1日現在    常勤フェロー  : 9名      客員フェロー  : 7名 

   フェロー紹介


研究助成事業(1)    豊田理研スカラー 

現職大学教員で、所属大学の推薦を受けた優秀な若手研究者の中から、研究課題が当所の設立趣旨、 目指す方向と一致する方を選定し、研究費用の一部を助成する制度。 2011年、公益財団法人への移行を機会に、1963年から48年間続いた「研究嘱託」事業の運用を刷新して創設。

   2017年度 : 26名

   2016年度 : 34名


研究助成事業(2)    特定課題研究  

中長期的な視点から見て重要と思われる萌芽的な研究課題に取り組んでいる研究者を激励し、その研究の進展を 図り、新しい研究領域を開拓するため、一般公募して費用の一部を援助する制度。2006年に創設。

   2017年度 : 4 テーマ


 学術談話会  

豊田理研懇話会

新研究棟が完成したことを記念して、「難しいことを、易しく」話して頂くセミナーを2012年から開始。

  2016年度 : 3 回開催  ( 通算 15 回 )


物性談話会  …名古屋大学と共催

名古屋大学に事務局を置き、東海地方の物性物理学研究者の啓発を図る場として1963年発足。

  2016年度 : 8 回開催  ( 通算 385 回 )


分子科学フォーラム  …分子科学研究所と共催

分子科学研究所に事務局を置き、分子科学の発展を希求する幅広い研究者に討論の場を提供することを目的 として1996年発足。 2008年より一般市民にも開放し、一層幅広い議論の場として活動。

   2016年度 : 4 回開催  ( 通算 113 回 )