フェロー募集案内

豊田理研フェロー制度と募集情報を掲載しています。
         ・フェロー          ・客員フェロー

    ・平成31年度客員フェロー募集は、終了いたしました。

研究助成制度

豊田理研スカラー、特定課題研究の情報を掲載しています。
       ・豊田理研スカラー        ・特定課題研究



**********************************************************************************************************************************

豊田研究報告

豊田理研フェロー、スカラーの研究実績、特定課題研究の活動実績等を記載しています。
       ・豊田研究報告 一覧


公開情報

豊田理研の定款、役員・評議員名簿、予算・決算等の情報を公開しています。
    ・公開情報
豊田理研における研究不正防止に対する取組みを紹介しています。
   ・公的研究費の不正使用防止   ・研究活動における不正行為防止

**********************************************************************************************************************************

リンク

2018/ 4/ 16
第8回豊田理研(国際)ワークショップのご案内
    "Organic Semiconductors, Conductors, and Electronics"
   ・主催者 : 豊田理化学研究所  榎 敏明 客員フェロー
   ・開催日 : 2018年10月24日(水)〜26日(金)
   ・開催場所 : 豊田理化学研究所 井口洋夫記念ホール 長久手市
    "詳細はこちら"





2018/ 6/ 6
第9回豊田理研(国際)ワークショップのご案内
    "New Developments and Prospects for the Future of Mossbauer Spectroscopy"
   ・主催者 : 豊田理化学研究所  小島 憲道 フェロー
   ・開催日 : 2018年11月15日(木)〜17日(土)
   ・開催場所 : トヨタ産業記念館 名古屋
    "詳細はこちら"






トピックス


2018/ 6/ 18
研究報告会
「第24回 フェロー研究報告会」 のお知らせ
  日程 : 2018年 6月 25日(月)  13:00〜16:00
  会場 : 豊田理化学研究所 井口記念ホール
  プログラム(pdf)
      ●参加ご希望の方は、氏名、住所、職業、連絡先(E-mailアドレス)をご記入の上
       下記まで申し込み願います。     【申し込み締め切り : 6月 21日(木)】
          riken@toyotariken.jp
      ●なお、申込者多数の場合、本研究報告会へのご参加は、抽選とさせていただき
       当選の連絡は、参加証の送付をもってかえさせていただきます。








2018/ 6/ 7
お知らせ
2017年より建設を進めていた井口洋夫記念ホールが完成し、
5月16日に来賓はじめ約90名の皆様にご出席頂き、落成披露式が行なわれました。

2018/ 5/11
■トピックス
前田雄一郎客員フェローの研究グループによる「細胞内の線維を切るハサミの機構解明」 に関する論文が
米国科学雑誌Nature Communicationsオンライン版に掲載されました。
  タイトル : Structural basis for cofilin binding and actin filament disassembly
  著者名 : Kotaro Tanaka, Shuichi Takeda, Kaoru Mitsuoka, Toshiro Oda,
                    Chieko Kimura-Sakiyama, Yuichiro Maeda and Akihiro Narita

  掲載誌 : Nat. Commun., 9, 1860 (2018).

  掲載日 : 2018年5月10日(オンライン)
  http://www.nature.com/articles/s41467-018-04290-w
     詳細は こちら をご覧ください








2018/ 1/25
■トピックス
石政勉フェローの研究グループによる「超伝導になる準結晶の発見」 に関する論文が
英科学誌Nature Communicationsに掲載されました。
  タイトル : Discovery of superconductivity in quasicrystal
  著者名 : K. Kamiya, T. Takeuchi, N. Kabeya, N. Wada, T. Ishimasa,
                    A. Ochiai, K. Deguchi, K. Imura & N. K. Sato

  掲載誌 : Nat. Commun., 9, 154 (2018).

  掲載日 : 2018年1月11日(オンライン)
        http://www.nature.com/articles/s41467-017-02667-x







2018/ 1/ 8
■お知らせ
玉尾皓平所長の挨拶を更新しました。
   内容は こちら をご覧下さい


2017/12/ 8
■トピックス
河本邦仁フェローの研究グループによる「フレキシブル無機有機複合超格子の高熱電出力化」 に関する
論文が英科学誌Nature Communicationsに掲載されました。
  タイトル : Ultrahigh thermoelectric power factor in flexible hybrid inorganic-organic                      superlattice
  著者名 : C. Wan, R. Tian, M. Kondou, R. Yang, P. Zong, K. Koumoto
  掲載誌 : Nat. Commun., 8, 1024 (2017).

  掲載日 : 2017年10月18日(オンライン)
        http://dx.doi.org/10.1038/s41467-017-01149-4